Vainglory中級者向け攻略講座

中級者を高階層へ押し上げるブログ

【Vainglory】ギルドシステムはこうしたら面白くなる!3つの問題点と改善案

f:id:goooooofy:20180428143431p:plain

出典:https://www.gamespark.jp/article/2016/12/02/70340.html

こんにちは皆さん。いきなりですが

ベイングローリーのギルドシステムっていまいちじゃないですかっ!?

 

あー言っちゃった。せっかく運営様にゲーム上に載っけて頂いているのに..

f:id:goooooofy:20180428142959p:plain

出典:ゲーム内スクリーンショット

まぁ言いたい事を言えるのがブログの良いところだと思うので、今回は現状イマイチなギルドシステムの改善案について自分なりの考えをお話していこうと思います。

 

ギルドという考え方はゲームを盛り上げる要素として非常に有用です。

だからこそvaingloryのギルドシステムがより良くなることでさらにこのゲームが盛り上がって欲しいなぁと感じます。

あくまで個人的見解なのであしからず。

ギルドシステムの問題点と改善案

私の考えるギルドシステムの問題点を述べた後に改善案を述べていこうと思います。

検索が不便すぎる

「さてとそろそろ俺もギルドに入ろうかな。条件としては"日本のギルド"・"チャットがアクティブ"・"人数は40人以上"がいいなぁ~」

「おっ、検索フィルターあるじゃん。見てみよ」

f:id:goooooofy:20180428145432p:plain

「え、、項目3つしかないし検索したいのそこじゃないんだよなぁ。しょうがないからしらみつぶしに探すかぁ」

と言ってこの方は

f:id:goooooofy:20180428150752p:plain

この×ボタンを連打する作業に入るのでした。

 

これと全く同じ現象になった方は多いのではないでしょうか?(私です)

この×ボタン連打してギルドを探している時間が一番不毛なんですよほんとに(泣)

さらにギルド名を直接検索することができないという非常に不便な仕様のおまけつき。

 

さすがにここまでくるとSEMCも意図的にこのような仕様にしているのでしょう。

理由は明確にはわかりませんが、”小さなギルドにも平等にチャンスを与えたい”辺りの理由でしょうか。

しかし、それでユーザビリティがガクンと落ちては本末転倒ではないかと思うんですよねぇ。

改善案

この問題は検索フィルターの充実によって改善されると思います。

  • ギルド名
  • ギルドの国籍
  • メンバーのアクティブさを表す指標
  • 人数
  • ギルドレベル

この辺りを組み込むべきでしょう。さらに

  • 検索結果のギルド一覧の数をもっと増やす(10個くらい)

ことで×ボタンの連打からも解放されます。

ギルド勧誘の術がない

小さなギルドのギルドマスター(以下ギルマス)にとっての最大の憂鬱は

「ギルド作ったは良いけどどうやって勧誘すれば良いの!?」

ではないでしょうか。

現状の方法は

  • 外部メディア(twitter,Lobi)で勧誘
  • 試合終了後にフリーの人にせっせとフレンド申請して許可されたら勧誘

しかないのです。これはあるべき姿ではないですよね。

 

ギルドを探している側のニーズ入って欲しいというニーズは双方あるにも関わらず現状ではそれをマッチングさせる手段がゲーム上にないのです。

改善案

この問題はグローバルチャットの設置で改善すると考えます。

グローバルチャットとは..

f:id:goooooofy:20180428154758j:plain

その時間リアルタイムでオンライン状態のプレイヤ同士でチャットができる環境のことです(通称グロチャ)。

様々なゲームで導入されています。

 

グローバルチャットを導入することでフリーor移籍したいと考えているプレイヤに対して勧誘を行うことができ入る側もギルドの説明をしっかり聞いた上で加入することができます

勧誘の競争が起こることでギルドシステム全体の活性化も狙えます。

 

そしてシンプルにグローバルチャットは

  • 初心者の質問回答
  • 雑談

等にも利用できるためvaingloryにinする新たな価値も生み出せます。

ギルドに入る意味合いが薄い

そもそもギルドに入る意味合いが薄いんですよね。

現状のギルドに入ることのメリットは

  • レベルに応じたボーナスをもらえる
  • パーティを組める(ギルドに入る必要はない..?)

ぐらいでしょうか。

現状では4,9,14,19レベルのギルドなどを狙って報酬をもらってはギルドを変える輩がいて、これもギルドに居続けるメリットが少ないことに起因していると考えられます。

改善案

この問題はギルド戦の導入で改善されるのではないかと思います。

 

皆さんclash of clan(以下coc)というゲームをご存知ですか?

ããããããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

出典:http://appli-huguai-matome.com/kurakura-gamen-katamaru-freeze/

cocは村作りゲームですが元々”オンライン上の他のプレイヤーの村を攻めてお金を稼ぎ、そのお金で自分の村作っていく”というゲームでした。

そしてcocにもクランというvaingloryで言う所のギルドシステムがあり、当時同じようにクランの必要性というものを問われていました

 

そこでcocの運営supercellが考えたのがクラン戦の実装です。

f:id:goooooofy:20180429233346p:plain

出典:http://ochazukemooochi.blog.jp/archives/4047363.html

クラン戦とは簡単に言うとクランvsクランでどっちが強いか決めようぜっていうモードです。

つまり、今まで自分の村を育てる事しか面白味を感じてこなかったプレイヤー達にクラン同志のバトルという新たな面白さを提供し、クランの存在意義というものが明確になったのです。

 

この新モードによってcocというゲームの人気は急上昇し、プレイヤの人口もグッと底上げされました。

 

もちろんvaingloryとはゲームが違うので一様に語ることはできませんが、現状のギルドシステムに決定的に足りないと私が思うのが

 

ギルドの強さを測るもの

 

です。平均階層がそれに該当するかもしれませんが、クランとしての強さではないので個人的には何かしっくりきません。

 

そこで提案するのがギルド戦です。

どういう仕様にするかについては深く深く考える必要がありますが、例えば以下の6つの手順で進めていく方法はどうかなと考えました。

f:id:goooooofy:20180501224354j:plain

1~3については書いてある通りです。

 

4についてですが、試合をどのような仕様にするのかが重要です。

  • 普通に5v5(3v3)一発勝負で戦うのか
  • 両ギルド2チームずつ作り、その勝ち数を競うのか

等々私が数分考えただけでも様々な方式が考えられましたのでそこは運営の方々にガンガン掘り下げていってもらいましょう!(何様だw)

 

5についてですが、ここで重要なのは"通常のランク戦より(報酬等を)美味しくすること"です。

そうすることで「普通にランク戦やるならギルメン誘ってギルド戦やるか~」とギルド活動が活発化します。

 

そして6が上述した、ギルドの強さを測るものです。

これによってvaingloryに"ギルドのランキングを上げてTop50にランクインさせよう!"といった新たな楽しみ方が広がると思います。

検索条件に「ランキング100位以内」等を入れることもできます。

 

ギルド戦の概要はこんな感じです。あくまで私が短い時間で適当に考えたものですので突っ込みどころも多いと思います。

しかしこれでギルドに入る意味合いが生じると思いますし、vaingloryの人気が再び沸騰するためのキラーコンテンツとしては破壊力十分ではないかと考えます。

 

 

これで終わります。

好き勝手言いましたが、ユーザーの為にSEMCは本当に尽力してくれています。

それは100も承知の上で、今後vaingloryがどんどん盛り上がっていく為に現状のギルドシステムがあるべき姿ではないと感じたので書きました。

皆さんのギルドシステムに対する持論も聞きたいなぁ。

以上よろしくお願いします。